コリンズ監督、先発勝利の松坂称賛もローテー入り「ノー」

サンケイスポーツ 5月26日(月)15時1分配信

 メッツ4-2ダイヤモンドバックス(25日、ニューヨーク)メッツのコリンズ監督は、ダブルヘッダー第2試合に今季初先発し、6回3安打2失点で今季2勝目(0敗)を挙げた松坂について「すばらしかった」と称賛を送った。

 一回を3人で抑えた松坂は、二回に先頭ヒルに安打を許すと、続くプラードが放った強い打球の処理を右翼手がもたつき1失点。ロスの遊ゴロの間にさらに1点を奪われてしまう。ただ、三回以降は立て直し、キレのよいスライダー、カットボール、ツーシームを中心に98球を投げ、6回で降板した。

 試合後の会見でコリンズ監督は「マウンドで心配が要らない選手を挙げるとしたら、ダイスケだね」と、ローテーションの谷間のスポットスターターで起用され、結果を出した松坂に絶大な信頼を寄せた。ただ、記者から次のローテーション入りの可能性について聞かれると、「今はおそらくノーだろう」と否定。「言えば5回でも9回でも投げる。ブルペンでのダイスケはとても貴重な存在だ」と説明した。

管理人コメント
先発勝利おめでとうございます。今回結果を残しましたのでもう少し先発でのチャンスを与えてほしいです。 (303)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク